株で楽しくお金を増やす

株ってなんだか人生かけてる人がやるみたいな印象がありますが、そんなことありません。いきなり大損するのは何も考えないで買うからです。まずは知識をしっかりとつけて確実なプラスを積んでいきましょう!

株で楽しくお金を増やす

株で大損する人の特徴

株取引は基本的に投資であるわけですから、行えば行っただけ利益が出るとして保証されたものではありません
もちろんこの世の中に「やれば絶対に、たとえ天変地異が襲おうとも100%儲かるもの」はあり得ないのですが、株取引はさまざまにある投資の中でも比較的損をするリスクが大きいものだと言えます。
ではその株取引の中で大損をしやすい人の特徴としてはどういったものがあるのかというと、まず出てくるのが「投機的な思考を持つ人」です。
ここで言う投機とは「利益を狙う人」のことで、特に短期的な利益、キャピタルゲインを狙おうとする人のことになります。
もちろんそうした投資方法が悪いわけではないのですが、この方法は必然的に今後急成長をする可能性がある、信用取引であれば逆に株価が急落すると予測できるような企業に対して投資が集中して行くことになるでしょう。
しかしそうした予想が絶対に的中するという保証は無いわけですから、当然予想しきれないものに対して資金を投入して行くことになります。
これは長期的な配当によるインカムゲインと比べるとリスクが大きいため、大損をする可能性は高いのです。
次いで「損切り判断が鈍い人」もやはり損を出しやすいと言えます。
株取引の中では自身が投資した会社の株価が下がってきた時に継続して投資を続けるのか、それとも見切りを付けて決裁に行くのかの判断が迫られることになります。
この判断はベテラン投資家でも難しいことがあるのですが、既に損が出ている段階で即座に諦めて損を想定範囲内で受け入れられるという人に比べて、損が出ているが今後もしかしたら株価が戻るかもしれないというような判断をしてしまう人の方が大損を出しやすいのです。
株取引は自己責任であり、その損は全て自身の身に降りかかってきます。
それで身を滅ぼしてしまうことのないように、大損を出してしまうような人にはならないように普段から心がけましょう。

■こちらもご参考に
急騰カブ情報局|注目株×投資顧問口コミ評判ランキング
実録!!仕手株タックルズ
IPO初値予想
カブダス -株初心者のための株入門サイト-