株ってなんだか人生かけてる人がやるみたいな印象がありますが、そんなことありません。いきなり大損するのは何も考えないで買うからです。まずは知識をしっかりとつけて確実なプラスを積んでいきましょう!

株の取引報告書で高い取引履歴を確認する

株を証券会社を通じて売買した場合、その取引履歴が残ります。取引履歴に取引した株の銘柄から、株式数、支払った税金の額まであらゆる情報が記載されます。そうした取引履歴はネット証券の場合にはウエブからいつでも閲覧できるようになっています。取引を頻繁にしている場合には数十ページにも及び、トータルでどのくらいの取引をしたのか、一目では分かりにくくなることも少なくありません。

また、株で利益を上げた場合には、その税金の支払い方法によっては税務署への確定申告が必要となります。そんな場合に欠かせないのが取引報告書です。取引報告書は取引ごとに発行されることもありますが、税務署での確定申告に必要なのは年間取引報告書と呼ばれるものです。

この報告書はその名前の通り、年間を通じてどのくらいの株を購入し、売却し、どれくらいの利益をあげたのかということを一目で確認できることができます。一年を通じての売買利益であるため、意外に高い利益をあげていた、高い税金が取られている、売買高が高いなど各々が感じることも少なくないでしょう。また、税金の申告に必要なかったとしても、自らの一年間の取引履歴を振り返るのにも有効でしょう。

こうした株の取引報告書は無料で発行され、お金がかかることはありません。ただ、その発行方式が郵送で送ってくれたり、ウエブでの送付のみだったりと証券会社によって対応が異なります。一度送ってもらったものをなくしてしまった場合には再発行してもらうこともできますが、必要だと思う場合には保管をしておきましょう。また、あらかじめ使っている証券会社がどのような送付方法を選んでいるのかを確認しておくといざというとき慌てなくてすむでしょう。