株ってなんだか人生かけてる人がやるみたいな印象がありますが、そんなことありません。いきなり大損するのは何も考えないで買うからです。まずは知識をしっかりとつけて確実なプラスを積んでいきましょう!

株の解約金額と2ちゃんねるでの情報収集について

株には自分で株式売買をするものと、投資信託などのプロに任せるものの二種類があります。株は買った価格と売った価格で損益が決まり、自己売買をするときは自分で株の売値、すなわち解約金額を決めることができます。すぐにその金額は取引履歴に反映されます。

しかし、投資信託はそうした自己取引とは事情が異なっています。投資信託の場合には解約を申し込んだタイミングでの価格ではなく、実際に売却したときの価格が解約金額となります。そのタイミングはそのときの状況により異なります。そのため、投資信託は申し込んですぐに解約はできず、一定期間おいて解約の運びとなります。そのため、解約金額が予想より高い、低いといったことも起こりかねます。

自分で行う取引でも、投資信託でもインターネットや書籍を活用した情報収集は不可欠です。自分で行うときには、その会社がどのような事業をおこない、収益をあげているのか、メインの商品はどんなものなのかということをあらかじめ調べておくと会社の今後もイメージしやすいでしょう。投資信託の場合には個々の会社ではななく、日本株、アジア株、発展途上国の株など様々なジャンルに分かれて設定されていることも少なくありません。

情報収集はインターネットで単に検索をしてみると、企業のサイトやブログ等を見つけられ、情報収集には有効でしょう。その他にも2ちゃんねるなどの掲示板サイトなどを活用すると幅広い情報が手に入ります。2ちゃんねるでは多くの個別の銘柄の情報のスレッドが立っています。それらの2ちゃんねるのスレッドでは短期間に多くの情報に触れることができるため、闇雲に銘柄を探すよりは探しやすいのではないでしょうか。