株ってなんだか人生かけてる人がやるみたいな印象がありますが、そんなことありません。いきなり大損するのは何も考えないで買うからです。まずは知識をしっかりとつけて確実なプラスを積んでいきましょう!

複数の株式会社のグループの日立化成株価は今後も期待

日立グループの日立化成は、独立採算制ではありますが株は日立製作所が51%以上保有していまして、その一方で日立化成グループは数十の株式会社からなるという複数の関係にあります。日立化成そのものを見ますと、この会社は現在、スマートフォン向け部品、リチウムイオン電池などを主力製品にしています。スマートフォンではタッチパネルに敷くフィルムについて今年大変見やすい新製品を発表し話題になりました。スマートフォンの需要が多い中国経済は不安ではありますが、その開発力で今後も多いシェアは続くと思われます。なので日立化成株価には好材料です。もう一つの主力がリチウムイオン電池です。この会社のリチウムイオン電池は小型商品、自動車、太陽光発電システム、大きな風力発電用の機械など、たくさんの多くの企業の、複数の企業の製品に使われているのが特徴です。よって事業として大変安定していると言えます。日立化成株価にどういう影響を与えるかという視点で見た場合には良い条件でしかありません。そのため日立化成では、アメリカに大きなリチウムイオン電池工場を建設することになりました。さらに供給が安定し、今後の株価にも好影響です。日立化成は親会社の日立製作所から独立している形ですので、日立製作所にそっくり部品を納めるのではなく他グループ、例えばNECなどにも供給しています。日立製作所にそっくり依存しているのではありませんので、親会社の株価に直接影響を受けないメリットがあります。また、いろいろな種類の製品を作っている子会社を多く持っているというのも好材料です。他の複数の日本の大企業や海外と取引があり、かつシェアの多い製品を持つ日立化成株価は、今後も安定していると言えます。